「MRI検査をする時はヒートテックなどのあったかくなる肌着は脱いでくださいね」とよくお声掛けします。最近は似たような名前の商品が多くの会社から出ていて(下図)どれがよくてどれがダメなのか混乱しますよね。今日は機能性肌着の原理ともいえる“素材”について触れたいと思います。

図1 様々な商品ロゴ

図1 様々な商品ロゴ

 

通常の衣服は綿やポリエステル等の素材が多く使われます。一方機能性肌着といわれる製品には”吸湿発熱素材”が使用されています。例えばUNIQLOが販売するヒートテックの特徴はアクリルやレーヨンが織り込まれています。具体的な構成はアクリル41%、ポリエステル34%、レーヨン22%、ポリウレタン5%です(種類によって若干違います)。アクリルが高い保温性を、レーヨンが高い吸水性を持ち、肌から放散される水蒸気を吸水します。この時、水蒸気が衣服に吸着する際に発生する“吸着熱”が発生し、その熱をアクリルが閉じ込める役割を担っています。吸着熱は発熱効率は違えど、吸着熱自体で直接的に熱傷が起こるほどの温度上昇は起きません。

図2 ユニクロの肌着の原理

図2 ユニクロの肌着の原理

問題となるのはMRIとの相性です。MRI検査時にRFパルスにより人体内に温度上昇が起こると体温調節のため肌から放散される水蒸気も多くなります。機能性肌着ではこれを蒸散させることなく衣類に吸水します。通常の衣類より湿りますので誘導電流が流れ、火傷が起こりやすくなるわけです。おまけに、製品の特長上、熱を保持する機能にすぐれていますので、温度上昇はさらに容易に起こりやすい(火傷を惹起しやすい)という状況にあるわけです。湿った衣服はダメというのはMRI装置の添付文書上(下図)でもいわれていますので、機能性肌着を着たまま検査することは“さらにリスク因子を増やす”ということになりますね。

図3 MRI装置 添付文書 禁忌・注意欄抜粋

図3 MRI装置 添付文書 禁忌・注意欄抜粋

機能性肌着は様々な種類がありますが、レーヨンは乾きが遅い特徴がありますので、とくに意識する必要があるでしょう。最近はシャツだけでなく腹巻きや靴下にも吸湿発熱素材は使われていますし、新たな繊維素材も開発され続けていますので、我々MRIに携わる者は、ますますアンテナをはる必要があります。以下に、各社製品の成分リストを示しますので参考にしてください。

●各社からでている機能性肌着の成分リスト

表1 機能性肌着 一覧表

表1 機能性肌着 一覧表

もちろん、安全のため更衣してもらうほうが何より確実です。さらに、更衣してもらったことで安心せず、基本的な熱傷防止措置を確実に講じることを忘れてはなりません。


 

ウオーム・ビズ用衣料の特許技術の紹介

http://www.e-kochi.com/pdf/warmbiz-20121009.pdf

JIS Z 4951:2012 (IEC 60601-2-33:2010)

http://kikakurui.com/z4/Z4951-2012-01.html

レーヨンとは:ダイワボウレーヨン株式会社

http://www.daiwaborayon.co.jp/rayon/rayon1.html

発熱系肌着(ファーストリテイリング、東レ、グンゼ、ワコール、東洋紡) 人が放つ水蒸気を利用:日経ビジネス (1566), 120-122, 2010-11-15 日系BP社

 ライター紹介

ライター紹介用

千葉 大志(旧姓:嶋森)(市立角館総合病院)

好きなもの:MRI、コーヒー、糖分

趣味 → 勉強会  ストレス解消 → 勉強会

新しいことを見つけた瞬間って最高です!MRIは最高です!

スクリーンショット 2015-01-29 10.52.08

スクリーンショット 2015-01-29 10.57.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

  1. 貴重な情報ありがとうございました。

    ちなみに添付文書はどちらの装置でしょうか?

    教えていただければ幸いです。

    よろしくお願いします。

    • oct
      • oct
      • 2015年 1月 28日

      今回使用した添付文書は、Philipsの装置の添付文書です。
      コメントありがとうございます。

    • 西川 啓
    • 2015年 1月 29日

    いつもいろいろな情報をありがとうございます。
    勉強させていただいております。

    本文とは全く関係がなくて申し訳ないのですが、紹介文の「ご拝読下さい」が気になっておりました。
    謙譲語のため使い方が誤りです。

    今後ともよろしくお願いします。

    • 千葉 大志
    • 2015年 1月 31日

    吉田様、コメントありがとうございます。添付文書はoctさんの言う通りです。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  3. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  4. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  5. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  2. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  3. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
ページ上部へ戻る