いろんなアイメイクがMR画像におよぼす影響

アイメイクっていっぱいあるけど?

アイメイクがMR画像にアーチファクトを出したり、火傷をおこしたりすることがあるという事はみなさんご存じかと思います。

図1

しかし、アイメイクにはたくさんの種類があります。女性にとってはあたりまえのことでも、男性のみなさんはアイメイクの種類について詳しくはご存じない方が多いのではないでしょうか?ここで少しアイメイクの種類について説明します。

■アイシャドウ

まぶたに付け、目を大きく見せたり、目元に立体感を出す効果がある

図2

 

■アイライナー

目の縁に線を描くことにより、目の形をくっきり大きく見せる効果がある

図3

 

■マスカラ

まつげをふさふさに見せる、長く見せる、カールして見せる、目元をぱっちり見せるなど効果がある

図4

 

■つけまつげ

人工のまつげで、付けることに まつげをより強調する効果がある

図5

 

これらは単独で使用することはまずなく、何種類か組み合わせて使用する!

図6

 

JIRAで発行している入室前チェックリストです。目に関連するもの、お化粧に関連するものはここです。

図7

 どれだけ画像にアーチファクトがでるのか実験してみました!

アイシャドウやアイライナーは画像にアーチファクトがでることは経験がありますが、つけまつげは経験がないため実験してみました。添付画像は1.5T装置、T2*WIです。

■つけまつげ 10種類

すべてアーチファクトは(-)でした。

表示成分はナイロン、ポリエステル、人工毛、PET樹脂でした。

図8

 

■つけまつげ用接着剤 4種類

すべてアーチファクトは(-)でした。

表示成分はアクリル樹脂。

 

図9

■マスカラ 5種類

アーチファクト(-)のものから(+++)まで様々でした。アーチファクトが大きいものには必ず酸化鉄が含まれており、アートファクト(-)のものにはカーボンブラックが使用されていました。

図10

 

■アイライナー 7種類

マスカラ同様アーチファクト(-)のものから(+++)まで様々でした。こちらもアーチファクトが大きいものには必ず酸化鉄が含まれておりました。リキッドタイプやペンシルタイプの種類によらず含有成分の違いによることがわかりました。

図11

 

■アイシャドウ 7種類

こちらもアーチファクト(-)のものから(++)まで様々でした。

アーチファクトが大きいものには必ず酸化鉄が含まれていましたが、含まれていてもアーチファクトが小さいものもあり、酸化鉄の含有量により異なるものと思われます。薄色のキラキラ系は一見、磁性体が含まれているかのように思えますが、合成金雲母が主成分のようでアーチファクトは(-)でした。

図12

アイメイクの種類によらず、濃色系は要注意!!

薄い色のキラキラ系よりも、濃色系のアイメイクには酸化鉄が含まれることが多く要注意です。

さりげない茶色や黒のアイライナーが見落としがちです。今回実験したつけまつげやつけまつげ用接着剤は全てアーチファクト(-)でしたが、販売されている種類は多種多様であるため注意が必要と考えます。

すっぴん!?

アイメイクを含む化粧品で火傷の報告もあるため、原則化粧は全て落として検査に臨むことが理想です。しかし、女性にとって、すっぴんで病院にくるということはそれはそれで苦痛を伴います。特に若い女性ではファンデーションは塗らなくても、アイメイクだけは欠かせない、という人もいます。当院では、予約時に検査予約票に金属とともに化粧品の注意事項を明記するとともに、看護師より簡単に説明をしてもらっております。また、検査室にも拭き取りメイク落としを準備し、原則眼窩の検査ではアイメイクは落としてもらいます。その他の部位では火傷の危険やアーチファクトについて説明した上でご本人が不安を感じた場合や技師が危険だと判断した場合は落としてもらい、それ以外は少しでも違和感があった場合には緊急用ブザーを鳴らして下さいということで対応しております。

ライター紹介

図13

伊藤 由紀子(JCHOジェイコー仙台南病院)

宮城県仙台市の南の端に位置しているJCHO仙台南病院に勤務しております。こちらの病院に移動して3年目になります。全国の社会保険病院の独立行政法人化に伴い、宮城社会保険病院より病院名が変更になりました。以前いた病院(山形大学医学部附属病院)でMRの楽しさに引き込まれMRが面白くて仕方がありません。ただ、今の病院ではローテーションで回っておりますのでずっとMRをやっているわけではありませんが、CTではより多くの症例に出会え、また、主治医との距離が近いなど、一般病院には一般病院の良さがあり楽しく仕事をしております。

スクリーンショット 2015-01-20 9.10.35

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
ページ上部へ戻る