short TI-IR method: STIR (ショートTI-IR(STIR):short TI-IR method: STIR)

反転回復(IR)法は、スピンエコー(SE)法の前に180°パルスをかけてスピンエコーをz軸方向に反転させるもので、T1強調画像を得るためにTI(反転時間)を生体のT1値の範囲内に設定するが、TI-IR法ではTIを生体の多くのT1値より短く設定することによりT1およびT2の長い組織の信号強度を増加をさせ、多くの病変を高輝度に描出することができる。(石森文朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MRS

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る