T1値、T2値 (T1ち、T2ち:T1 value, T2 value)

強い磁場の中にある水素のスピンは、z軸方向に向けて、ある一定の周波数で歳差運動を行っており、このスピンにx軸方向にラジオ波をかけることによりスピンは90°y軸方向に倒れる。その後スピンのベクトルがz軸方向に戻っていくことをT1緩和、y軸方向に戻っていくことをT2緩和といい、それぞれの時定数をT1値、T2値とよぶ。
(石森文朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る