祝 累積150万ページビュー・RSNAレポート始まります

皆様にたくさん見ていただいたお陰で、2年前の11月に始まって以来、累積で150万ページビューとなりました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-2-27-20

 

一日でもっともアクセスが多かった日は、1年前のRSNAレポート中の2015年12月1日で、11,502ページビューです。今年も明後日ぐらいに北米放射線学会のレポートを始めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-2-55-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  2. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  3. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
ページ上部へ戻る