拡散強調画像でケミカルシフトを目立たなくさせる方法(シーメンス装置編)

拡散強調画像のケミカルシフトアーチファクト

脂肪の信号が空間的にずれて画像化されるアーチファクトをケミカルシフトアーチファクトといいます。特にEPIを使用した拡散強調画像は位相エンコード方向にケミカルシフトが見られ、とても目立つことがあります。

通常のスピンエコーでは各TRは独立しているため、次のTRに位相差が持ち越されず、ケミカルシフトは発生しにくいです。しかしEPIの場合は連続する位相方向の傾斜磁場によって、一筆書き的に位相差が積算されてしまい、結果的に大きな位相差が起きてしまいケミカルシフトアーチファクトが発生してしまいます。

パラレルイメージングを利用すれば位相エンコードステップ数の減少に伴い位相差の積算も減り、結果ケミカルアーチファクトの低減が可能になります。しかし、臨床の現場ではパラレルイメージングを併用しても下図のようなケミカルシフトアーチファクトが出現することがあります。
スライド1

Phase encode directionの設定を変える

そんな時にシーメンスではRoutineカードのPhase encode directionの設定を変えるとケミカルシフトが目立たなくなります。例えば、横断像の撮像の際には通常、Phase encode directionはA>>P設定になっています。

スライド2

 

そこで、Phase encode directionボックスの横のボタン(矢印)をクリックすると以下のようなInplane rotationカードが開きます。

スライド3

その時のInplane rotationカードは『0』ですが『180』と入力するとPhase encode directionがP>>Aになります。

スライド4

これはPhaseエンコードステップ順がA→PからP→Aに変わったことになります。

スライド5

このエンコードステップの順番を変えるだけ下図のようにケミカルシフトが目立たなくなります。さまざま部位で応用可能なので是非、使ってみてください。

スライド6

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北川 久

北川 久東京慈恵会医科大学附属第三病院 放射線部

投稿者プロフィール

MRIの奥の深さにいつも悩まされています。
おそらくゴールの見えないMRIをこれからも追い続けるでしょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る