高速フーリエ変換法 (こうそくフーリエへんかんほう:fast Fourier transformation:FFT)

高速フーリエ変換法 (こうそくフーリエへんかんほう:fast Fourier transformation:FFT)

離散的フーリエ変換を算出できるアルゴリズムの1つで、計算順序を変えて高速に演算できるようにしたもの。標本数がNのとき、直接計算した場合には加算や乗算の回数がNの2次式で表されるが、高速フーリエ変換ではNlog2N(底が2)に比例した回数ですむ。(石森文朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  2. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  3. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
ページ上部へ戻る