アーカイブ:2016年 11月

  • RSNA2016 その5 東芝 MR

    東芝のブースでは、新しい3T装置Galanと、あとグループ企業となったOlea社の解析が目玉のようでした。 昨年も紹介したアンビエントディスプレイのようなもの(上図のドーム状映像)は、そろそろ認可されるよう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その4 Philips MR

    新世代プラットフォーム装置出荷開始 今回のフィリップスの第一の話題は、次世代プラットフォームの装置を「既に」出荷開始するということでしょう。これにより近くリリースされるさまざまなソフトウエアを実施できる環境が整います。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その3 GE MRI (2) DV26の中身

    ここでは、SIGNA Architectで可能になるDV26の中身をご紹介します。 主なものとしては、 ReadyView on Console PROPELLER MB (Multi Blade) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その2 GE MRI (1) SIGNA Voyager/Architect/Premier/AIR technology

    GEのMRIブースです。 Asia-PacificのCEOであるショーン・バーク(Sean Burke)さん(左)、また、毎年お世話になっている内海さん(右)と写真を撮りました。 SIGNA Voyager(…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その1 はじまり〜 HOVR ポータブル生体モニタ GE予告編

    今年もRSNA Reportを始めたいと思います! オープニングは高校生の間で流行っているアプリ「SNOW」で自撮りをしてみました。ちょっとアップしすぎたかも笑 https://youtu.be/PDhILUf7…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 祝 累積150万ページビュー・RSNAレポート始まります

    皆様にたくさん見ていただいたお陰で、2年前の11月に始まって以来、累積で150万ページビューとなりました! 一日でもっともアクセスが多かった日は、1年前のRSNAレポート中の2015年1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー (29) 古河勇樹

    題名「これから未来(さき)へ」 東京女子医科大学 東医療センターの小島慎也さんからバトンを受けとりました東京警察病院の古河勇樹(ふるかわゆうき)と申します。何故だか、すごくハードルをあげられた気がしますが・・・…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3D-MRCP~呼吸のリズムが一定でない場合~

    当院でのMRCP検査(背景) MRCP検査では、Heavily T2強調画像を用いた手法により2D、3D撮像が行われています。 多くの施設で、3D撮像を行いMIP処理することで全体的な立体構造が把握できるため、ルーチ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  2. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る