カテゴリー:GE

  • Turbo LAVAに関して

    はじめに 腹部造影MRIでは、T1強調脂肪抑制画像を息止めで撮像することが多いと思います。一般的に撮像には20秒程が必要で、息止めの指示が呼気であると、かなり患者さまに負担がかかるものと考えます。 当院のMRI装置で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ちょっとHeavy T2 IDEAL」で腕神経叢を描出する(動画付き)

    一般的に、腕神経叢の描出に用いられるシーケンスと言えば、DWIやSTIRを使っている施設が多いと思いますが、今回は「ちょっとHeavy T2 IDEAL」を使った腕神経叢撮像の紹介をします。 IDEALとは? 水と脂…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRエラストグラフィってどんな検査?

    MRエラストグラフィの必要性 成人病が増加している現代、隠れ脂肪肝も増加していると考えられています。脂肪肝の約25%は肝線維化を起こすと言われており、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)を誘発する因子の一つとして注目さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ISMRM2017 GEランチョンセミナー SIGNA Premier, AIR coil Technology

    GEでは、明日のMRIを今日に、という感じでしょうか、のスローガンが掲げられました。 最初に示されたスライドは、QuantWorksという、定量化撮影の広い品揃えです。GEが一番多いですよと主張。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ITEM2017 GE Healthcare ブースREPORT

    昨年に引き続き、今年もGEヘルスケアブースを取材してきました。前回は"SIGNA Pioneer"の新製品情報をお知らせしましたが、今回は新製品の登場やソフトウェアのバージョンアップにより、様々な新しいアプリケーションが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • STIR-PROPELLER (T1-FLAIR PROPELLER改) の有用性:整形領域

    新装置を導入したら救急からの緊急MRI依頼が増えた! 当院では13年使用した国内メーカー1.5T装置からのreplaceで、2013年3月にGE社製Optima 450W(1.5T装置)を導入しました。3次救急病院とい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GE装置でのDWIBS撮像方法 〜標準化に向けて〜

    はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代わりうる素晴らしい撮像方法です。私は、DWIBSがたくさんの施設で撮影されることを願っています。そこで、今回、皆さんのD…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • EOB-MRIによる肝の性状評価について

    はじめに MRIを愛する皆さん、こんにちは! 本サイトに初投稿をさせて頂く、大垣市民病院の小川定信と申します。宜しくお願いします! さて、日本でGd-EOB-DTPA(以下EOB)が使用可能となり、かなりの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GEでもできる冠状断DWIBS

    DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、DWIBSをどの断面で撮像されていますか? 横断像ですか?冠状断ですか? これからDWIBS検査を始めてみよう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その3 GE MRI (2) DV26の中身

    ここでは、SIGNA Architectで可能になるDV26の中身をご紹介します。 主なものとしては、 ReadyView on Console PROPELLER MB (Multi Blade) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る