セグメントk-space法

セグメントk-space法 (セグメントk-spaceほう:segment k-space method)

画像のデータ収集の際、k空間でのデータをいくつかの領域に分割(セグメント化)し、セグメントごとに順次データを取り込んでいく方法。実際には、画像を作成するために必要なデータをいくつかのシリーズ(TRや心周期)に分割して収集する。FastSE、segmented Turbo-FLASHや Multishot EPIなどがこの分類に入る。この技術により息止め可能な時間内で心位相の時間分解能の高い画像を撮像し、冠動脈の描出が可能となっている。この方法により心臓のシネ撮像も可能である。(石森文朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る