(Gyrocup2014受賞)頭部TOF-MRAにおける新しいREST pulseの使い方

脳血管MRAを 撮像する際、静脈の信号を抑制する為に用いていたSaturation pulse(以下REST) が、実は脳実質抑制効果を与えていた事が分かりましたのでご紹介します。

RESTで脳実質が抑制されている!

下の写真(中央)の様に、REST*を 掛けると静脈信号だけでなく、脳実質の信号も抑制されている事が分かります。写真(右)のように、MTCパルスを入れた撮影と比較するとその効果がよくわかりますね。
知らず知らずの内に、その恩恵を受けていた私達ですが、おそらくはMagnetization Transfer(MT) 効果によりこういったことが起きるのではないかと考え、このスライドにはそのように書いてみました。(*REST=フィリップスの呼び名でSATパルスのこと)

写真1

 

RESTを厚くするとさらに脳実質抑制

脳実質抑制効果を高めるにはどうすれば良いか?その方法はとても簡単、RESTの厚さを厚くするだけで良いのです!

写真2

撮像時間の延長が全くないのが利点で、今使っているシーケンスはそのままで、RESTを 厚くするだけです。

 

ダブルRESTでさらに抑制

そして更に脳実質抑制効果を高めたいと考え、RESTを2つ重ねてみると、より細い血管まで確認する事が出来ました。

写真3

ちなみにRESTをさらに増やし、3つ重ねてみると、今度は効果の向上はなく、逆に悪くなる結果となりました。

2つ重ねる時は、同じ位置でなく、10mm程度ずらすのがポイントです!

3Tでも試してもらったところ、1.5T程ではありませんが、同様の効果が得られました。

とても簡単に使えますので、ぜひ明日からの診療にお役立て下さい。

【ライター紹介】

佃 幸一郎 (NTT東日本札幌病院)
好きな仕事  良い画像を撮る事 (まだまだ未熟者ですが、情熱は負けないぞー (^^))
趣味     カラオケ (18番は松山千春です)
使用装置    Ingenia 1.5T

顔写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    mDIXON-XDを使用した非造影MRA撮像(REACT)

    はじめに こんにちは! 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院の豊成信幸です。よろしくお願いします。…
  2. 2018-11-26

    磁気共鳴(MR)専門技術者認定試験 直前対策のご案内

    寒さも厳しくなりつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。 2019年3月3日に行われる第14…
  3. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
ページ上部へ戻る