カテゴリー:ミニレクチャー

  • 頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は従来MRA、CTA、DSAで行われています。これらはいずれも血管の内腔を描出する技術 (lumenography) です…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 魅力的なプレゼンテーションをするには(日医放 関東地方会)

    MRIfan.netのみなさんこんにちは。昨日これを公開したところ、一日で500view以上の立ち上りと大変好評でしたので、ここでもご紹介をいたします。画像クリックで該当ページに飛びます。 [魅力的なプレゼ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 難聴とめまいの MRIについてのピットフォール

    みなさん、こんにちは。 今日は長縄慎二先生(名古屋大学 放射線科)より原稿を頂戴しましたので早速紹介いたします! はじめに 読者の皆さんも日々、難聴やめまいの精査目的で 内耳、小脳橋角部のMRI を撮影したり読影し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前立腺EPI-DWIの小技テク

    EPI-DWIを撮像する場合に直腸ガスが残っていたら 前立腺検査において直腸にガスがあるとEPI-DWIは磁化率の影響により歪んでしまいます。一度、検査を中断しトイレへ行っていただくのが最善の方法ですが、中々そうは行き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「真の」後交通動脈瘤について

    今回は症例報告として比較的レアな脳動脈瘤についてお話しします。 【症例】60歳代女性。頭痛のため、近隣のクリニックを受診し、CTを撮影。按上部に腫瘍らしき病変が認められたため、当院に精査依頼紹介。 [capt…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日立のprime FSEシークエンスについて

    日立のprime FSEとは 日立のprime FSEシークエンスについて解説します。 prime FSEは日立独自のシークエンスで従来のFSEを改良したシークエンスです。本稿をより理解して頂くために、【FSE(ファ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Double IR法について ~キモは2つのTI~

    WAIRとGAIR 今回は、Double IR法(以下DIR)についてご紹介したいと思います。DIRは2回の反転回復パルスを用いたシーケンスです。このシーケンスの利点は、T1値の違う2つの組…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脳膿瘍のMRI ~ 虫歯を放置すると命に関わるかも?

    当院では昨年(2014年)脳膿瘍(brain abscess)*と診断された患者さんが5名おりました。うち2名は過去の脳外科手術による創部感染で、残り3名は齲歯(虫歯)が直接的・間接的な原因として強く疑われる症例でした。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRIクイズ (3) ー頭痛とMRA

    60歳代女性、最近頭全体がズキズキする事ある。 以前同じような症状の時は肩こりが原因と言われた。 クモ膜下出血が心配でMRI検査を希望。 翌日、MRI&MRA検査を施行。 [caption id="a…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRIクイズ (2) ールーチン作業の落とし穴

    脳血管の3D-TOF-MRAのMIP画像は、施設によって作成方法は様々ですが、大まかに下記のいずれかに該当すると思われます(さらに元画像を追加するか否かのオプションもあります)。 元データに忠実に、カッティングや…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  4. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  5. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る